みなさん一度は貴族の生活を送ってみたいと思ったことがあるのではないでしょうか?

仕事をせずに収入が入り、家事等の仕事はメイドに任せてとても楽だと思います。

昔日本には貴族がいましたが、現在はご存知の通り日本に貴族はいません。

ちなみに、第二次世界大戦の後の1947年の法律改正まで貴族はいました。

現在は貴族がいないため、貴族が実際にどのような生活を送っているか

把握することは難しいです。

そんな貴族の物語が忠実に再現されている「ダウントンアビー」シリーズの

シーズン6について説明します。

ダウントンアビーシリーズは20世紀のイギリス貴族の物語となっています。

そこで今回は

ダウントンアビー6のあらすじをネタバレ

について取り上げます。

どうか、みなさん最後まで読んでいただけたら幸いです。

スポンサードリンク


ダウントンアビー6のあらすじをネタバレ

20世紀初めのイギリス貴族の邸宅(ダウントン・アビー)で巻き起こる、

伯爵一家と使用人たちの愛憎劇です。

複雑な人間関係を時代設定に基づいて忠実に描かれ、

細かい部分までに本格的に再現されています。

その中で貴族の世界の表と裏を描かれているドラマとなっています。

今回のシーズン61925年、ブランソン(クローリー家の元運転手)

シビー(グランサム家三女の娘)

スポンサードリンク


ローズ(クローリー家の親戚)が渡米した後のダウントンは、

イザベル(マシューの母)とバイオレット(先代グランサム伯爵未亡人)

村の病院経営を巡り衝突しました。

近代化を前にロバート(グランサム伯爵)は屋敷の運営を縮小すべきかどうか悩んでいました。

そんな中、メアリー(グランサム家長女

)の前に謎の女性が現れました。

階下では、ヒューズ(家政婦長)がある不安から式の準備を進めるのを躊躇していました。

そのため、誰かに頼む必要があったことからパットモア(料理長)に仲介を頼みました。

子どもを持つことを諦めていたベイツ夫妻のもとに警察が訪れました。

このような形で物語が進んでいきます。

みなさん、いかがでしたか。ダウントンアビーで引き起こる複雑な人間関係が

描かれているためとても面白いのではないでしょうか。

貴族は優雅な生活を送っていると一般的に思いますが、

その中でも複雑なことがあるということをご理解いただけたのではないでしょうか。

シーズン5とは違うことが新たに展開されていきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク